HOME防水塗装

防水塗装

屋上やベランダの床などをそのままで放置しているとクラックや劣化が生じます。

モルタルの表面がボロボロになる、汚れが目立つ、苔が生えてるなどの現象があれば
防水工事を考えてみてはいかがでしょうか。

モルタル表層から雨水の浸透やクラックからの浸入は内部の鉄筋や木材を腐食するだけでなく
カビの繁殖の原因にもなりかねません。

防水工事をする事により、安心して生活できますし美観を保つと言う観点からもお勧めします。

防水塗装工事例

@ 素地調整

この工事では外壁の塗装も行いましたので

外壁と一緒に150圧の高圧洗浄機にて水洗いしています。

防水工事だけの場合はデッキブラシやワイヤーブラシ

または他のケレン道具を用いて素地調整を行います。




A プライマー処理

プライマー塗布後です。

吸い込みが激しい場合は2度塗りします。

クラック部にはウレタンシール材を充填しています。







B 防水層塗布

この工事での防水層は2液タイプの材料です。

空気が材料に混入しないよう注意しながら

主剤と硬化剤をしっかり攪拌し

可使時間内にコテなどで均等に塗布します。




C上塗り塗装

上塗りを塗って完成です。

時々で結構ですので水洗いして下さい。





参考価格

一般住宅のベランダ床(5u前後)セット価格5万円〜
素地調整後 プライマー処理後 防水層塗布後 上塗り塗装後
このページのトップへ